Work

ご褒美の与え方をアップデートする

どうも管理人のちはるです。最近ボーナスを使って健康系のガジェットや登山用品などを購入して幸福度が爆上がりしております。社会人の方は今年のボーナスを何に使いましたでしょうか。先日、同じく当ブログの執筆者のよっぴーが「ボーナスを無駄遣いする理由と効果的な使い方」について記事にしてくれていました。耳の痛いお話でしたよね。

ボーナスの一部を投資に回したり、生活防衛費としてある程度貯金をすることも大事だと思います。しかし、お金も戦略的かつ効果的に使うと普段の何十倍も幸福度は高くなります。

今回は僕の実体験と心理学的な知見をベースに、自分自身に対してご褒美をあげるタイミングやコツについて綴ろうと思います。

突然ですが、あなたは旅行に行った時が一番楽しいですか?
それとも行って帰ってきた時が一番楽しいですか?それとも、旅行の準備をしている時ですか?この質問を行った理由についてから本編を綴っていこうと思います。

ご褒美を与えられる時の幸福度のピークポイント

旅行に行った時も、行って帰ってきた時も両方楽しいのには変わりはありませんよね。きっとどの瞬間も楽しいはずです。

しかし、あくまで私見ですが、多くの人は旅行に行くまでの準備期間に一番胸が高鳴っているのではないでしょうか??ハワイや沖縄に行くことが予定されていたら、どこに行くのか、どんなものを食べようか、どんなイベントを実施しようかなど、考えるだけで楽しいですよね。

他にも例えば、大好きなバンドのライブのチケットを購入して、応募をし、抽選結果が出るまでドキドキし、抽選結果がでて大はしゃぎし、当日までに曲をききなおしたり、グッズを物色してみたり…あと1週間…あと3日…明日!!…こんな感覚。ライブや旅行など言い換えると、「楽しみごと」や「ご褒美」というのは実は、それが与えられるまでが一番幸福度が高くなりモチベーションが向上すると言われています

僕自身も旅行やライブはもちろんですが、最近だとアマゾンや楽天などの通販サイトなどで購入した時はあえて5日後や1週間後などに設定する時があります(非常用のものなどはそんなことはやってられませんが)。その商品が届くまでの期間を楽しむことができて、より物欲が満たされたり満足感が高まるような感覚が強くします。

僕の私見だけでなく、ご褒美が与えられるまでに幸福度やモチベーションが高くなることを調べた実験などもあります。ブレダ応用化学大学のジェーレン・ナウィンという方たちの研究で、被験者に現在の幸福度を点数化してもらい、その後「旅行の計画」を立ててもらうだけで幸福度の点数が高まったというような研究結果が出ているそうです。へーって話ですよね。

ただし、研究には追記で幸福度に関することが書かれておりました。

「楽しみごと」や「ご褒美」が終わると幸福度はすぐに戻る

「楽しみごと」や「ご褒美」が与えられるまでの期間に一番幸福度が高まっていくということを綴りました。「そんなこと前々から肌感覚で分かっているよ」という方もいらっしゃるかもしれませんが、研究の中ではこんなことも書かれておりました。それは、

「楽しみごと」や「ご褒美」が終わるとその瞬間から幸福度はすぐに戻る

ということです。ご褒美自体は人を幸福にはするのですが、それは一時的なもので一番幸福度を高めるのは、やはり「計画や準備」をしているときなのです。面白いですよね。これ結構僕も実体験で多いのでかなり共感できます。

このことを理解した上で、例えば旅行の計画は誰かに全部任せてしまったり(旅行代理店などに委託するとか)、とにかく物欲任せに「明日すぐ欲しい」「すぐに買いに行こう」というのは実はもったいないことをしている場合もあるということですね。

自分自身にご褒美をあげる際の2つの注意点

「じゃあ、ご褒美をあげるときはなるべくそれが手に入るまでの時間を長くしたら良いんだな」とご理解いただけたらありがたいかぎりなのですが、注意点もございます。

ご褒美はそれを与えられる、もしくは与えると決まった瞬間からモチベーションが高まり「それが消費されるまで保つ」という効果がありますが、注意点として、未来に予定を入れたほうがもちろんいいのですが、限度もありまして、最長でも2か月(8週間)先までの予定にしないとこの効果が感じられないことも実験で分かっています。まあ、後ろに伸びすぎても今の自分のモチベーションなどには反映されずらいということなんでしょうね。

また、ご褒美が与えられてからモチベーションが続く期間も同実験では最長2週間までと判明しております。従って、このガイドライン通りにいくのであれば、多少の前後は個人差があるものの、購入したいものや、いきたい旅行先がある場合は、2ヶ月前あたりから決めて、予算を先に確保するか、可能であれば先に料金なども払ってしまい、活用イメージを膨らませたり、綿密に計画を立てゴール。そうすると、2ヶ月+2週間は一つのモノ/コトで最高の幸福度を味わえるかと思います。

以上の2つの注意点をおおよそのガイドラインにして、自分の計画に盛り込んでみてください。「足るを知る」とはまさにこのことかとなるくらい幸福度も高まりますし、無駄にものを買うこともなくなるという副次作用もございます。

サマリー

では、本記事をざっくりとサマルと

自分にご褒美を与える際は最大2ヶ月前あたりから準備をして、手に届くまでの間を楽しもう!

というような感じです。

何も、モノを買うことや旅行以外でも使える汎用性の高いテクニックですので、ダイエットや日々の資格勉強、貯金などで積極的に試してみてください。

こちらの記事と合わせて読んでいただきたい記事としては、「お金の使い方をアップデートする③」です。ここでは、モノを買っても幸せにならない理由などを記載しておりますので、最近モノを買ってもなんか満たされないな〜って方はぜひご一読ください。かなり日常が変わりますのでどうぞよしなに~。

参考:『図解 モチベーション大百科