Radio

歪んだ世界の正しい見方-podcast

どうも管理人のchiharuです。今回もラジオの紹介です。

当ブログの執筆者でもある「Yさん」と私とで毎週1回「Unbuilt radio」というPodcastラジオを放送しております。既にシーズン5にまで放送しており、毎月テーマを決めて放送しております。だんだんと習慣化しております。(まだ、ラジオの詳細を記事にしていませんので、後日しっかりまとめて記事にします…)

 

今月は「今日までに影響を与えた本5冊を振り返る」というテーマで放送している内容について綴ります。

人生22年生きた中で数百冊本を読んできましたが、その中で今の自分に何が影響を与えているのかYさんと話しています。前回のエピソードは、#21 鷹揚中「今日までに影響を与えた本を振り返る」『Give&Take』というタイトルでした。他人に与えることが難しいと感じており、ご視聴がまだの方は是非ながら聴きしてみてください。

 

今回は、ハンス・ロスリング, オーラ・ロスリング, アンナ・ロスリング・ロンランド著者の『FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』を取り扱っています。『ファクトフルネス』は翻訳書では6年ぶりとなる2020年の上半期ビジネス書ランキング1位に輝き、世界の発行部数の4分の1が日本という、「どんだけ日本人この本好きやねん現象」が起こっておりました。分厚くて内容も骨太なのに多くの人に読まれていることには、思い込みやバイアスをデータを基にほぐしてくる本の内容もそうですが、著者の思いや本を作る背景なども心動かされますよね。

#22 懐疑中「今日までに影響を与えた本を振り返る」

『FACT FULNESS』ーUNBUILT RADIO by UNBUILT RADIO

 

この本を読むと

ファクトフルネス(FACT FULNESS)はデータを基に世界を正しく見る習慣を意味しておりまして、自分たちが思い込んでいる事実は、実は現実とかけ離れているということが多いということがデータをもとに紐解かれています。

 

この本を読むと、世界情勢のことをあまり知らない高校生、大学生、新卒社会人でも現在の世界情勢が詳細に分かるかと思います。また、何よりも世界に対する自分の勘違いに気づくことができるという点が良くて、学生時代ないし、社会人1,2年目の内から多くの思い込みを払拭することができれば「何が本当の課題か」「その課題解決に向けた正しいアプローチは何か」と考える癖がつくかと思いますので本当に素晴らしい本だと思います。

私も大学4回生にこの本を読んで「仮にこの本がもっと早く読めるのであれば高校生から読んでおきたかった」と思うほどでした。

 

この本のメッセージ

この本が一番伝えたいことは、ほとんどの人が世の中の現実を誤って認識しているということです。そして、世の中を正しく認識するには思い込みを捨てて正しくデータに触れることが重要になると強く主張されています。

 

一概には言えませんが、多くの人が思い込むことの一例として

実は、世界経済や健康状態はどんどん悪化してしまっている

という思い込みがあります。

しかし、正しいデータに触れると実は世界経済や健康状態はずっと好転しているということが分かっています。(世界の人口の内、極度の貧困状態である人の割合は過去20年で半分にまで減っているというのが事実)他にも世界情勢クイズみたいなものが本書には書かれておりますので気になる方は是非手に取ってみてください。

 

それは本当に正しい?

「なんかうまくいかへんな~」ってときに自分の力量不足や才能がないと判断する時が誰しも一度はあるかと思います。しかしそれは、間違った情報を基に判断しているだけかもしれないこともあるわけです。正しい情報見たとき、もしくは情報の見方を変えれば正しい意思決定ができるわけです。

 

何か判断をする時、その判断の元となった情報は本当に正しいのか?と懐疑的に振り返ることはとても大切です。データを正しく認識することで、できなかったことができるようになるかもしれませんからね。

 

メディアなんかで報道されていることにも「それは本当に正しいのか?」と健全な懐疑心を持つことで見えていなかったことが見えてくるかもしれません。

 

今、読む

ファクトフルネスを読んだことのない方は是非これを機会に読んでみてください。一度読んだ人も是非読み直してみてください。今が読み時だと私自身感じています。なぜなら、新型コロナウィルスの影響で多くの人が自分の力で正しく情報をとらえる方法を学ばないといけない状態に追い込まれています。ファクトフルネスはコロナウィルス対策のためにハンスさんが予期して書いた対策本だったのかもしれないと思うほどに考えと行動に影響を及ぼします。

 

「世界情勢が悪化している」は脳の本能による思い込みが原因だ!と本書に書かれてあるように、そうなってしまうのは人間に10の本能があるからです。この10の本能は調べればすぐに出てきますで是非調べてみてください。分断本能やネガティブ本能なんかは日常にとても起こりうるので見ておくといいかもしれません。

 

自分の思考の癖を理解することを定期的に行うという意味でも、今もう一度読み直したい本です。不安定で変化の激し時代だからこそ何度も何度も兜の緒を締める必要はあります。情報は定期的にアップデートしていきましょう。

 

是非、この本を読んだ感想やラジオ放送を聞いた感想などございましたらお気軽にお声掛けください。ではまた。

#22 懐疑中「今日までに影響を与えた本を振り返る」

『FACT FULNESS』ーUNBUILT RADIO by UNBUILT RADIOはこちらより。