Money

節約すると不幸になるたった一つの理由とは?【クーポンは探すな】

こんにちは。日々人生が最大化するお金の使い方を研究しておりますよっぴーと申します。今回は、節約しようとしすぎると不幸になるよーという話をしていきたいと思います。

皆さんはこんなことを思ったことはありませんか?

  • 節約しているとなんだか虚しい。
  • 節約していても全然楽しくない。
  • 節約ってもしかして不幸になる?

こんな風に、頑張って節約しているのに一向に報われないと思っている人は多いかと思います。

実は、「倹約家は浪費家よりも不幸になることが多い」と言われているように、節約はほどほどにしないと自分のメンタルを削ることになります。

というわけでこの記事では、なぜ節約をすると不幸になってしまうのかということと、どうすれば節約で幸せを感じられるようになるのかを書いていきたいと思います。

お金の使い方で悩んでいる方はぜひ最後までご覧いただけると幸いです!

✅こんな人にオススメです!

  • 節約を頑張っている人。
  • 節約しているけど楽しくない人。
  • お金を使って幸せになりたい人。

この記事を読めば、節約をすることで不幸になる理由とその解決策をご理解いただくことができます。

✅記事の内容はこちら!

  1. 節約する人が不幸になる理由とは?
  2. 節約のしすぎで不幸にならないために

節約する人が不幸になるたった一つの理由とは?【クーポンは探すな】

節約する人が不幸になるたった一つの理由とは?【クーポンは探すな】

それではさっそく、節約する人が不幸になる理由について書いていきたいと思います。

節約する人が不幸になる理由とは

結論から申し上げますと、節約しようとすればするほど不幸になる理由は、節約しようとしている時間そのものが無駄だからです。

節約したい心理

人間の心理として、少しでも安く買えるのであれば1円でも100円でも安く買いたいと思うものです。

  • 少し遠くの安いスーパーへ行く。
  • チラシのクーポン券をちぎってもっていく。
  • セールに合わせて買い物へ出かける。
  • 郊外のアウトレットに行く。

こんな風に安いものをひたすら追い求めている人は多いと思います。というか僕もその一人でした。

圧倒的にケチなので、使えるものは使っとけ!という精神でクーポン券やセールが大好きでした。しかし、残念なことに必死に節約しようとすると逆に不幸になってしまいます。

失った時間>節約したお金

節約しようとすると不幸になる理由を一言で表すとこのようになります。

価値:失った時間>節約したお金

つまり、頑張って節約して得られたお金以上に大事な時間を失ってしまっているということです。

皆さんがやりがちな、

  • ネットで一番安い商品を探す時間
  • クーポンを探す時間
  • セール情報を眺める時間。

これらは全て時間の浪費で、幸福度が爆下がりしています。なので今すぐやめたほうがいいというわけです。

それは本当にお得か?

確かに、安いものを探しているときが楽しいんじゃん!と言いたくなる人もいるかと思います。安いものを買えたときの喜びは大きいですもんね。めちゃくちゃわかります。

しかし、皆さんにとって本当に大切なことは100円でも安く手に入れることでしょうか。1時間かけて1000円節約した場合、それは本当にお得なのでしょうか。

節約が趣味だと言い切るなら止めませんが、そうでもない人はお得情報を探すことに費やす時間はなくすことをオススメします。

節約して得たお金よりも失った時間のほうが重要である。

節約は時間を無駄にする

ここまで、節約しようとする人が不幸になる理由は貴重な時間を無駄にするからだよーという話をしました。

しかし、「節約しようとしたら不幸になるなんて言われても実感がないよ!」と思う方もいるかもしれませんので、節約のために時間を使うことが実際にどれくらい損をしているのか書いていきたいと思います。

年間40万円の損失

実は日々安いモノを見つけることに時間を費やすと年間40万円の損失があるということが明らかになっています。

研究では、

  1. 安い物を見つけるために時間を使って買う
  2. そのまま買う

この二つを比較して幸福度にどれくらいの差が出るのかを調べました。節約で得たお金とかけた時間の差額を知ろうとしたんですよね。

その結果、①と②では幸福度をドルに換算すると差額が年間3300ドル(約40万円)に相当するということがわかりました。

つまり、節約しようとして失う時間は年間で40万円分相当もあるということなんです。

ここで皆さんに考えていただきたいのですが、ちょっとした節約の積み重ねで年間40万円も得をしていますでしょうか。頑張って頑張って節約したとしても総額40万円にはなかなか届かないでしょう。

安いものを探すことは結局人生を豊かにしないんですよね。年間40万円以上の節約ができない場合はすぐに買うことをオススメします。

節約するために時間を費やしても幸福度に寄与しない。 

節約のしすぎで不幸にならないために

節約のしすぎで不幸にならないために

ここまで、「節約するために時間を費やすと人生損だよ!」という話をしてきました。そうは言っても、少しでも安く手に入れたい気持ちはわかります。10%でも安くなってたら嬉しいですもんね。

なのでこんなことを思った人もいるかと思います。

  • じゃあクーポンは一生使わないの?
  • 安売りで物を買ってはいけないの?

割引が溢れている世の中でクーポンを使わないのはなかなかの苦行ですよね笑
というわけで節約しても不幸にならない方法について書いていきます。

節約で不幸にならない方法

「じゃあこれからクーポンは一生使わないのか?」というとそういうわけではありません。クーポンは欲しいモノにたまたまクーポンがあるときに使いましょう。

順序が逆なんですよね。

効果的な節約

あれが欲しい。

あ、クーポンあるぞ。

せっかくやし使おうか。

買う。

こちらは、欲しい物ありきでクーポンを添えるようなイメージ。しかし、ほとんどの人は順序が逆です。

不幸になる節約

クーポンがあるぞ。

使わないともったいないな。

よし、あの商品を買おう。

買う。

このように、多くの人はクーポンありきで買い物をしてしまいがちです。クーポンがないと買わないものは普段必要のないモノという現れです。

確かに、クーポンがあると使わないともったいないという気持ちが沸き起こるかもしれませんが、その義務感こそが人を不幸にしています。

欲しいものがあるときにたまたまクーポンがあるのなら使ってもいいんですが、クーポンから始まる買い物は金輪際しないようにしましょう。

お金がない人ほど節約に没頭するな

ここまで節約を否定されたように感じた方もいるかもしれません。なのでこんな風に思った人もいることでしょう。

  • 自分はお金がないから、1円でも多く節約しなくちゃいけないんです!!!

そんな皆さんにお伝えしなければいけないことがあります。実は、お金がない人ほど節約に固執してはいけないんです。

なぜなら、たった数円の節約をするために時間を失っていると自分のために時間を使うことができないからです。

お金がないからこそ時間を大切に

お金がないと感じている人ほど時間を大切にしていただきたい。お金がないという状態から脱するためには給料を上げることが大事です。

しかし、年収を上げるには浮いた時間を使ってスキルや知識を身に着けるしかありません。そんな大切な時間を、数円節約するために使ってていいのでしょうか。

もちろん、金遣いが荒くなってもいいと言っているわけではありません。節約に時間を費やすくらいなら未来のために時間を使いましょうということが言いたいんです。

その行動こそが皆さんの心を豊かにするかと思います。

節約に時間を費やすより未来の自分のために時間を使おう。

節約で不幸になるまとめ

節約で不幸になるまとめ

ここまで、節約をすると不幸になる理由や節約で不幸にならないためにするべきことについて解説しました。

まとめますと、

  1. 安いものを買おうとする時間は無駄です。
  2. 定価で買って浮いた時間を自分のために使おう。
  3. お金がない人ほど時間を大切にしよう。

ということでした!

今回は結構衝撃的な話だったと思います。節約をしている人は世の中にたくさんいますからね。もちろん、節約したい人を非難するつもりはありませんし止めるつもりもありません。

でもそこで得られるお金ってそんなに大きくないんですよね。ちりつもと言えど、失った時間も同じようにちりつもです。まともなものならどんなに頑張っても半額で手に入ることはないでしょう。

安いものを探すくらいなら、本当に必要なものはそこそこの値段で買って、浮いた時間を好きなことに使ったほうが幸せになるのではないでしょうか。

皆さんのマネーライフが豊かになることを祈っております。最後まで読んでいただきありがとうございました!

↓幸せになるお金の使い方はこちら!↓

ABOUT ME
よっぴー
【人生を最大化するお金の使い方】を日々研究しておりますよっぴーです。ボランティアで友達の家計簿を見たりしてます。主にお金の考え方や個人的ベストバイ紹介しますので、お金を使ってても楽しくない人はぜひご覧ください!