Money

お金が貯まらない社会人に共通する3つの特徴とは?【今すぐ改善】

お金が貯まらない社会人に共通する3つの特徴とは?【今すぐ改善】

こんにちは。人生を最大化するお金の使い方を研究しておりますよっぴーと申します。

今回はお金が貯まらない社会人の特徴について書いていきます。というのも世の中には貯金ができないと嘆く人がいます。

みんなお金を貯めた方がいいということは分かっているんですが、「いつの間にか全部使ってしまって貯金ができない。」という悩みを抱えています。

「今月も赤字だ。」

「貯金なんかできない。」

「お金が貯まるようになりたい。」

そんな風に思っている人は多いと思います。

友達の家計簿を見たり貯金ができない人の話を聞いていると、お金が貯まらない人には共通点があることに気づきました。

貯金がないほとんどの人に「お金が貯まらないのは当たり前やん」と感じる特徴があったんです。

ということで今回は、貯金ができない社会人の特徴を3つ紹介したいと思います!当てはまったら要注意です。

本記事の内容はこちら!

お金が貯まらない社会人に共通する3つの特徴とは?

  1. 家計簿をつけていない。
  2. 収入に合わせてお金を使っている。
  3. タバコやギャンブルなど浪費にお金を使う。

以下の参考文献を基に書いています。

この記事はこんな人にオススメです!

  • なぜか自分には貯金がない。
  • 貯金ができない人の特徴を知りたい!
  • 貯金ができるようになりたい!

この記事を読めば、お金が貯まらない社会人の特徴と改善方法を理解することができます。

お金が貯まらない社会人に共通する3つの特徴とは?【今すぐ改善】

お金が貯まらない社会人に共通する3つの特徴とは?【今すぐ改善】

それではさっそく、お金が貯まらない社会人の特徴について書いていきます。

特徴①家計簿をつけていない

まず、家計簿をつけていない社会人は安定して貯金ができていません。

なぜなら、何にお金を使っているか把握していない時点で改善の余地がないからです。

家計簿をつけよう

皆さんは家計簿をつけていますでしょうか。ちなみに僕は友達の家計簿をつけるサポートをしたりしてます。

【僕たちの家計簿】僕と一緒に家計簿つけませんか?【お金貯めよう】 こんにちは。日々人生を最大化するお金の使い方を研究しておりますよっぴーと申します。今回は、僕が一緒に家計簿を管理する【僕たちの家...

お金が貯まらない人の口癖でよく聞くのが、「何にお金を使ったかわからないけど、いつの間にかなくなっているんだよねー」というセリフです。

当然ですが、何にお金を使っているかわからないのは家計簿をつけていないからです。家計簿をつけていたらこの発言は出てきません。

何にお金を使っているかも把握せずに貯金をしようとするのはさすがに無理があります。

いつまで経っても計画的に支出をすることができないです。無駄を減らすこともできません。

面倒くさいけど

確かにはじめは家計簿をつけるのが非常に面倒くさいです。

レシートを撮ったりクレジットカードを登録すれば勝手に記録してくれる超便利なアプリも出ていますが、つけ始めは何もかもが面倒くさいと感じると思います。

でも家計簿をつけるだけで自分の無駄や支出を知ることができます。

無駄なお金の使い方がわかれば、そこに使っていたお金を自分の大事なモノに回す工夫ができるようになります。

つまり、家計簿をつけることで手間をはるかに上回る結果が返ってくるのは明らかなんです。

だからこそ貯金をするための第一歩として家計簿をつけてください!自分が何にお金を使っているかを把握することから貯金生活は始まります。

まずはそれからです。

それでも面倒くさい方はご一報ください笑
≫家計簿が面倒くさい方はこちら!

お金が貯まらない社会人の特徴①家計簿をつけていない人

特徴②収入に合わせて支出する

次に、収入に合わせてお金を使う社会人はお金が貯まりません。例えば、15万円入った月は15万円使い18万円入った月は18万円使う人です。

なぜなら、この状態ならいくら稼ごうとも入ったお金を全部使ってしまうからです。

毎月生活レベルが変わる

社会人の給料はあまり変わらないので、収入は残業代や時期に関係しますよね。残業を多くした日やボーナスが入ると収入が増えたりします。

なので収入に多少のばらつきがでてきます。例えば「先月は残業代多いし今月は給料がちょっと多いぞ!」という状況が生まれます。

ここで増えた給料分を貯めることができればいいんですが、残念ながらたくさん稼いだ分たくさん使ってしまい、いつも通り貯金をすることができません。

つまり、稼いだ分だけ使ってしまう人はお金が貯まらないんです。

※当たり前のことを言ってます。

ミニマムライフコストを把握する

そこで、ミニマムライフコストを把握して必要以上のお金を使わないようにしましょう!

ミニマムライフコストについて詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ミニマムライフコストを計算すべき理由とは?【お金の不安ほぼ解決】
ミニマムライフコストを計算すべき理由とは?【お金の不安ほぼ解決】 こんにちは。人生を最大化するお金の使い方を研究しておりますよっぴーです。今回は、ミニマムライフコストを計算する意義について解説し...

ミニマムライフコストとは、自分が生きていくために必要な最小限の支出のことを指します。

例えば、ミニマムライフコストが12万円なら15万円稼いだとしても12万円しか使わないということです。残りの3万円は自動的に貯金となります。

僕の場合

僕はミニマムライフコストを16万円としています。手取りで16万円を下回ることはないですし、手取りが18万円入ろうがボーナスが入ろうが16万円で一定の生活します。

そのため月16万円以上の給料は自動的に貯金となります。ボーナスはほとんど投資に回しています。

お金がないストレスのデメリットがヤバすぎる件。【結論:老けます】
なぜ人はボーナスを無駄遣いするのか?【無駄遣いしない方法を紹介】 こんにちは。日々人生を最大化するお金の使い方を研究しておりますよっぴーです。今回は、「なぜボーナスを無駄に使ってしまうのか。」と...

自分の最低限必要なお金を計算しそれに基づいて生活することで、収入の多寡にかかわらず貯金ができるということです。

ミニマムライフコスト以上は勝手に貯まっていく状態になります。そうなれば勝ちです。

お金は使うべきという意見

確かに、「一番遊べるのは若いうちだから使えるときに使わないともったいない!」という意見の方もいると思います。

僕もその意見に賛成なのでこんな記事も書きました。

自分に自信を持つ3つの方法まとめ
20代こそお金を使うべき3つの理由とは【結論:一生使わないから】こんにちは。人生を最大化するお金の使い方を研究しておりますよっぴーです。今回は、僕の人生に最も影響を与えた一冊『DIE WITH ZER...

しかし、収入に合わせて支出を増減させる生活は習慣になってしまうのでいくつになっても変わりません。

今よりも収入が増えたら貯金ができるようになると思っている人もいるかもですが、年収1000万円でも貯金がない人は存在します。収入に合わせて支出を考える人が貯金の習慣を作るのはなかなか難しいものです。

だから、ミニマムライフコストを把握して収入に左右されない生活を心掛けましょう!収入に支出を合わせるのではなく、支出に収入を合わせてみてください。

具体的な方法はこちらを参考にしてみてください!
≫ミニマムライフコストの計算方法はこちら!

お金が貯まらない社会人の特徴②収入に合わせて生活する。

特徴③ギャンブルやタバコなど浪費にお金を使う

最後に、ギャンブルやタバコなど浪費にお金を使う社会人はお金が貯まりません。

なぜなら、合理的に考えると減っていくお金の使い方が習慣付いているからです。

すればするほど減っていく

確かに旅行先で思い出作りのためにカジノを経験するのは賛成ですし、僕も一度は人生経験としてカジノやパチンコをやってみたいなとは思っています。

しかしギャンブルは胴元が必ず儲かる仕組みに作られていますので続けていれば絶対に損をする仕組みです。一時的に増えることがあっても俯瞰的に見たらお金は減る一方です。

タバコも百害あって一利なしとよく言われていますし税金もかかったりで続けようと思うと結構高いですよね。

このように浪費癖がある人は今後もお金を使う習慣は残り続けるので、お金を貯めるハードルがどんどん高くなっていきます。

シンプルにタバコとギャンブルなど減らすお金を貯金に回せば、確実に貯まるようになるんですけどね。考え方によれば貯金予備軍です。

合理的に生きる

確かに「自分はギャンブルで儲かっているぞ!」という人もいるかもしれません。(タバコの有益性はお断りします)

しかし、ギャンブルは胴元が勝つようにできているので一時的に利益がでてもそれがずっと続くことは理論的にはありえません。

娯楽目的なら良いですがお金を増やそうと考えるのは合理的ではありません。タバコならなおさら減る一方です。

だからこそ、お金を貯めたいならギャンブルやタバコといった浪費をやめてそのお金を貯金に回しましょう。それだけでお金はみるみるうちに貯まっていきます。

お金が貯まらない社会人の特徴③ギャンブルやタバコなどお金を減らす習慣がある。

お金が貯まらない社会人の特徴まとめ

お金が貯まらない社会人の特徴まとめ

今回は貯金ができない社会人の特徴を3つ紹介しました!

まとめます。

お金が貯まらない社会人の特徴3選
  1. 家計簿をつけていない
    →家計簿をつけましょう。
  2. 収入に合わせて支出を考える
    →ミニマムライフコストを計算しましょう。
  3. タバコとギャンブルなどの浪費にお金を使う
    →やめよう。

以上です。いかがだったでしょうか。

貯金をするためには、支出とミニマムライフコストを把握し浪費を減らすことが大事だということが理解いただけたかと思います。

当たり前のことしか言ってないやんと感じると思いますが、貯金は当たり前のことを淡々とすれば基本的にはできます。

これらの特徴にどれか一つでも当てはまっていた人は割といるかもなので今すぐ改善をしましょう!

もし自分でお金を貯めるのが難しいという方はぜひサポートさせてください。

【僕たちの家計簿】僕と一緒に家計簿つけませんか?【お金貯めよう】 こんにちは。日々人生を最大化するお金の使い方を研究しておりますよっぴーと申します。今回は、僕が一緒に家計簿を管理する【僕たちの家...

最後まで読んでいただきありがとうございます! 

ABOUT ME
よっぴー
【人生を最大化するお金の使い方】を日々研究しておりますよっぴーです。趣味で友達の家計簿を見たりしてます。主にお金の考え方や個人的ベストバイ紹介しますので、お金を使ってても楽しくない人はぜひご覧ください!趣味でまぜそば巡ってます→https://mazesoba.blogspot.com/